FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「紀ノ川」映画


  2012年6月24日(月)

 午前中は歯科へ治療の続き、来週インプラントの土台の上が入る予定。

 楽しみとゆうか、待ちどうしい。

 午後はテレビで3時間「紀ノ川」を見る。松竹の1966年の中村登監督、原作者は有吉佐和子・・・・・

 本は読んだと思うが、随分違った感じがした。

 大正時代の家と家の結婚、夫を支える陰の妻、灯をともしつづける役を司葉子。

 真谷家に嫁ぎ、夫の田村高廣を支えていく。

 子供には恵まれるが、母の意に反し長女、長男は家を出ていく。

 家、財、地位はあっても苦労がたへず、夫と死別後は脳卒中でたおれる。

 娘も年を取って初めて親の気持ちが理解できるとゆうお話。

 大正から終戦にかけて時代背景の設定。和歌山の大地主の長男、県会議員を支えて大学卒の美人妻が

 紀ノ川の反乱を抑える様に夫に進言し、工事が完成する。

 人と人との関わり、嫁姑、夫の浮気、義弟のひねくれた存在の中の気苦労、成長期の娘の反抗と葛藤

 といつの時代も人間模様は同じなのかもしれない。久々に何かいい映画たったな~~~


       スポ枠28



       w27.jpg


 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

乙女座8

Author:乙女座8
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アルバム
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。